Mr. Nobody

Mr. Nobodyオフィシャル的な日常日記ブログ&マイダイヤリー

プラセンタと目のトラブル

プラセンタには目のトラブルにも効果を与えてくれます。
プラセンタが効果があることが分かっていて実際にプラセンタが治療に使われている目の病気としては白内障やアレルギー性結膜炎などがあります。
その他にもプラセンタが効果を発揮する目の病気はいくつかありますが、現在主に治療で使われているのはこの2つとなります。
とはいえ、プラセンタが目の病気の治療には使われるといっても、直接これらの病気をプラセンタの持つ力で治すというわけではなく、あくまで体質改善などによって治療の補佐をしてくれるといった具合ですので、治療の際にはプラセンタのみを使うというわけではありません。
他の治療薬を服用したり、点眼薬を使用するのと並行してプラセンタを摂取するという形になります。

また、プラセンタは目の病気だけではなく視力の低下に対しても改善策としても用いられることがあります。
ですが、視力低下にプラセンタを使用する際には注意しなければならない点もあります。
ただ視力が落ちたからといってプラセンタを使用しても効果が得られないことがあるのです。
というのも、視力が低下する理由は人それぞれで生活習慣の大幅な乱れによって視力が低下する場合もあれば、ストレスなどからくる視神経のダメージで視力が低下することもありますし、また眼精疲労が原因となっていることもあります。
こういった理由の中でプラセンタが効果を発揮できないものもあります。
生活習慣の乱れが原因となる視力低下に関しては、プラセンタを使用しても回復させることはできません。
疲労に効果があったり、ストレスへの耐性を強化してくれるという特徴のあるプラセンタですから眼精疲労にもストレス性の視神経が受けるダメージもカバーすることはでき、それらの原因による視力低下に関しては回復の手助けができるのですが、生活習慣が原因となると、プラセンタではどうしようもありません。
視力低下に悩まされている人がプラセンタの力を借りる場合は、何が原因で視力が低下しているのかを把握してから使用するかどうかを決めるようにしましょう。
プラセンタの副作用について


シミやくすみの無い肌を作る!

シミやくすみの無い肌は、女性の憧れですよね。
でも、いくら紫外線対策をしっかり行っているつもりでも、うっかり日焼けをしてしまいシミやくすみが、出来てしまう事があります。
透明感のある肌をキープする為には、日焼け止めなどで紫外線をガードしつつ、美白化粧品でもしっかりケアする事が、大切と言えるでしょう。

美白化粧品を使う事でシミやくすみを予防・改善できますが、美白化粧品ならどれを使っても、効果は一緒という事はありません。
美白成分には、これからできるシミやくすみを予防するものと、今現在あるシミやくすみを改善するものとがあり、用途に分けて美容成分をチョイスする必要があるのです。

今、シミやくすみが無いけれどアンチエイジングの為に予防したいという場合、アルブチンがお勧めです。
この美白成分は、メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の働きを弱め、新しくメラニン色素を作り難くする効果が期待できます。
ですので、シミやくすみの予防にアルブチンは有効です。
またアルブチンは肌の優しく、副作用もほとんど無い事から予防の為に、毎日使い続ける事ができるのも魅力となっています。

今現在できているシミやくすみを改善したい場合、ハイドロキノンやビタミンC誘導体がお勧めです。
これらの美白成分は、肌に沈着しているメラニン色素に直接働きかけ、薄くする効果が期待できます。

美白成分ひとつにしても色々な種類、そして効果に違いがあるので自分の肌に合った化粧品を選ぶ事が大切と言えます。


花粉症患者に朗報!無花粉のひのき発見へ~

花粉症の季節というと、春先ですが、この時期は、のどは痛くなるし、鼻はぐずぐずしてしまうし、くしゃみもすごいし、鼻を毎回ティッシュでかむので、鼻は赤くなってしまうし、本当に辛いものです。
そんな中で、こんな辛い患者さんの為に朗報ニュースが出ました。
神奈川県の秦野市内に、何と花粉が飛び散らない無花粉のひのきが発見されたそうなのです。
これが本当ならば、嬉しいのですが、しかしここでちょっと問題があるのが、そう、春先に患者の多くが悩む花粉症の原因となる木の花粉というのが、スギ花粉です。
つまり、杉が大元であり、例えひのきに花粉を飛ばさない品種が登場したとしても、それはどうなんだ?という感じがしてしまいます。
まぁ、これも一つの発見であり、上手くいけば、患者数を減らすことができるかもしれないので、挿し木として増殖をしようという試みがされているようですが、これで、希望通りになれば、万々歳なのですが、そう上手くいくのかどうか疑問ですね。
スギの木自体にそういった花粉を飛ばさないような木を作ってくれたら、何とも信じれるのですが、本当に患者さんでないと分からない苦しみ、是非とも杉の木の品種改良を望みたいところです。


最近の内職と言えば?

内職というと、昔は、造花作りやボールペンのキャップ閉めといった一個何銭という感じで、そう儲けがあるものではありませんでしたが、最近の内職というと、月収10万というのが普通にある、まるでアルバイトで稼いでいるかのように人気があります。
中でも、デコアーティストは、イマドキ女子に人気のデコアートをするプロの職人さんのことで、受注を受けたデザイン通りにストーンを貼っていくグッズアートです。
見た感じはただ貼っていくだけなので、簡単そうに見えますけど、実のところはかなり難しく、自分でやると大変なので、プロに任せるという要望が多いのです。
つまり、この技術を身に付ければ、それだけ収入につながってくるのです。
内職の職種と仕事内容と言えば、デコアーティストは、通信教育で勉強をし、基礎的知識を身に着けて、最後まで修業すれば、資格を認定されて、自宅で開業が出来るのです。
通信教育では、実際に作品を作れるパーツと工具もセットされているので、すぐにでも始められますし、テキストだけではつまらないのですが、パーツがセットされていることによって、とても楽しく勉強する意欲も出てきます。
出来上がった作品は、ネットオークション等で売ることが出来、もしかしたら、高値で売れるかもしれないので、ますます需要性は高まっていくでしょう。
家で収入を得たいと考えている人は、デコアートの資格を取ってみてはどうですか?


賃貸マンションを借りる時に必要な書類とは?

賃貸マンションを借りる際には、契約書等様々な書類が必要になってきます。
全ての書類を提出しなければ、契約とはならない可能性が高いので、前もって準備しておく必要があるのです。
本人確認が取れるもの、例えば運転免許証やパスポート、保険証等がそれにあたります。
又、住基台帳も身分証明となります。
公的な身分証はこういったものですが、場合によっては、学生証や社員証もOKの場合もありますので、不動産屋さんに聞いてみると良いでしょう。
そのほかに揃えておく書類は、入居審査申込書・入居費用・住民票・認印・銀行口座預金通帳・届出印です。
学生ならば、学生証のコピー、社会人ならば源泉徴収書や確定申告の写しが必要になります。
連帯保証人の人が必要な書類は、連帯保証人引受承諾書と源泉徴収書か確定申告書の写し、印鑑証明書と実印が必要になります。
アパートを借りるというのは、契約を交わすので、簡単というわけにはいきませんが、容易に済ませたいならば、ウィークリーマンションにすると、簡単な手続きで済みます。
しかし、毎週毎週の更新手続きが必要なので、そう考えると、1年契約のマンションを借りた方が良いのかもしれませんね。
不備によって、何度も足を運ばなくても済むように、事前に書類を準備しておきましょう!

賃貸契約書サンプル(http://chintai-k.com/)


今更聞けないこと!中秋の名月とは?

ススキの隙間から覗く中秋の名月、何とも秋を感じて風流ですね。
しかし、この中秋の名月という言葉、一体どういう意味があるのでしょうか?
秋というと、澄んだ空気の空で、月もくっきりと見え、満月になると、その何とも言えない風情から、この名がついたわけですが、ススキの穂が垂れた間から見る月は本当に秋を感じ、そして、あたりには、鈴虫やこおろぎが鳴いている、何とも風情あふれるものです。
中秋というのは、読んで字のごとく、秋の真ん中の日を指し、それは7月~9月で、その真ん中である8月15日が中秋です。
そして、この日に月を愛でようというのが、中秋の名月なのです。
しかし、今の月は9月、8月ではないではないか?と怒り心頭の人もいるかもしれませんが、これは太陽暦での話であって、太陽暦に当てると、今年は9月19日なのです。
月を見ながら、月見団子を食べる、そんな日本の伝統をまねて、自分もやってみました。
まぁ、団子といってもみたらし団子ですが、やはり風景よりも食い気が先なのでしょう。
月をあまりじっくり見るよりも、団子に食らいつく方が先といった感じでした。
月は遠く感じているのですが、望遠鏡で見れば、月の表面もしっかりと見れて、何ともロマンチックとは縁が遠い感じがしますが、それでも、月への魅力は増すばかりです。
何でしょうね、月っていうのは、のっぺりとしているけど、何かしら人を惹きつけるものがあり、今年は肉眼で見てもものすごく素敵で綺麗なお月さまでした!


Vラインと無駄毛処理とお手入れの関係

無駄毛処理をする為に情報収集をしていると、Vラインという言葉が出てくることがあります。
これは何かというと、アンダーヘアのことで、その字の通り、ビキニラインにそったアンダーヘアのことです。
夏が近づくにつれて、薄着になる機会が増えてきますが、海やプールに遊びに行く人もいるでしょう。
暑い夏には、冷たいプールや海は、最高に楽しい遊び場です。
とはいっても、水着になるということですから、肌の露出が増えて、特に無駄毛の処理はしっかりとしておかないといけません。
特にビキニを着る人は、水着からはみ出してしまったりしたら、恥ずかしくて、穴があったら、入りたくなるでしょう。
そうならない為にも、無駄毛処理をする必要があります。
無駄毛処理の方法には、剃刀を使って剃ったり、毛抜き等で抜くといった方法、除毛フォームやワックスといった方法もあります。
自分での処理以外では、エステやクリニックにて施術を受けるといった方法もあります。
Vラインの手入れというのは、こういった方法で処理した後のアフターケアのことです。
毛抜きや剃刀等で処理した後、アンダーヘアの部分は、とてもデリケートで皮膚も薄いので、すぐに黒ずんでしまったりします。
又は、肌が弱い人は、剃刀負け等の肌あれを起こしやすくなっているのです。
出来れば、自己処理はとても危険なので、エステやクリニックに行くのが良いのですが、費用的な問題から断念している人は、出来るだけ肌の負担がないように、抜く・剃るという方法よりは、カットして形を整えるといった方が良いかもしれません。
熱によるヒートカッターを使うと、はさみを使ってカットするよりも、毛先がちくちくしないので、とてもお勧めです。
これならば、皮膚を傷めることがありませんので、アンダーヘアのお手入れは、ヒートカッターを使ってみましょう!


呪いのビデオから呪いの動画へ進化!

呪いのビデオと言えば、リングが有名ですが、井戸から出てくる貞子が怖くて、夜もトイレにいけないほどでした。
しかし、最近ではビデオを見る人はほとんどいなくて、DVDの時代ですから、呪いのDVDかと思いきや、今回のリングシリーズは、呪いの動画です。
前回の貞子3Dに続き、貞子3Dが登場したのです。
呪いの動画となって甦った作品は、石原さとみが主人公となって、今回も怖い話を展開するのですが、彼女が務める女子高で話題になっている、ネットで生放送を見た人全員が同じ時刻に死亡するということ、そしてサイトの管理者までも死亡したという摩訶不思議な噂話が飛び交っていました。
動画に夢中になっている人間はすべて死亡してしまうというこのドラマ、以前のリングでもビデオを見た人は次々と死んでしまうという内容でしたが、それを今度は動画という新しい媒体にて使っているというのが、面白いところです。
最初見た時は、「こんなバカげた話はない」と心霊を見たことがないので、バカにしていましたが、世の中には科学では解明できないような現象があるのではないかと、この映画やドラマを見て、思いました。
井戸から貞子が出てくるシーンは、本当に怖くて、井戸をふさいだ人もいるほどなので、そう考えると、恐るべし貞子ですね。
今回の作品はどんな恐怖が待っているのでしょうか?こうご期待ですね。


カラコンは安全なのか?危険なのか?

目元をオシャレに彩るのが、カラコンの役目、しかし、目に直接入れるものですから、これは安全なものを選びたいですよね。
しかし、世の中には、数多くのカラコンが存在しますから、その中から安全なものを選ぶというのも、なかなか難しい感じがします。
お店で買う時は、実物を取って確認してから買うことが出来ますが、問題なのは、ネット通販の場合です。
これは、自分で目で見て買うことが出来ません。
度数と色合いを選ぶのみで、後は家に届くだけです。
使用中に違和感を感じても、そのまま使用してしまう人がほとんどで、この実態に黄色信号を出している医師が多いのです。
実際に目に違和感があるというのは、それだけ目に合っていないからで、それを付け続けてしまったら、どうなるのか?
考えただけでも怖く感じてしまいますよね。
しかし、それが現実で、今話題のシリコンハイドロゲル素材レンズでも、酸素透過率は高く、付け心地が良いので、長時間使用出来るとはいっても、やはり目への負担は大きいので、出来るだけ長時間は使用しない方が良いですね。
完璧に安全と言えるようなレンズはありませんから、しっかりと使用上の注意を読んで、正しく使うことが一番ですね!!

危険なカラコンとトラブル


怒り新党!怒りをぶつけちゃいます!

視聴者の投稿を、有吉弘行とマツコデラックスが怒っていいのかどうなのかを判定するという番組で、世の中には様々な怒りを感じている人が多いと言うのが分かりますね。
例えば、「最近の女性は欲が無くなっている」とか、「泣くのがずるいと思う女性は不幸なのか?」とか、「定食の主役はおかずなのかそれともごはんなのか?」と普段ちょっとした時に思う疑問をマツコと有吉にぶつけて、二人で考えていこうというわけです。
定食のメインはおかずかごはんかというと、私的には、やはりおかずだと思っているのですが、皆さんはどうですか?
ごはんがないと定食とは言わないので、ごはんがメインとマツコは言っていましたが、それを言うならば、おかずだって無いと定食とは言わないですよね。
結局、おかずもごはんも定食にとっては、不可欠な存在なので、マツコさんのご飯派も、夏目三久のおかず派もどちらも正しいということですね。
又、泣くのがずるいと思っている女性は不幸かというと、私はそうは思わず、耐えている女性のたくましさを感じて、応援したくなってきます。
こういうたくましさがあるからこそ、女性は子供を産み、そしてますますたくましさを培っていくのでしょう。
ふざけた番組かと思いきや、意外にも、結構為になる番組なのですね!